ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 普墺戦争 | トップページ | ケーニヒスグレーツ »

2012年5月21日 (月)

本陣の場所

1866年普墺戦争の決着をつけた戦いが「ケーニヒツグレーツの戦い」と呼ばれている一方で、フランスでは同じ戦いが「サドヴァの屈辱」と通称されている。てっきり同じ場所のドイツ語名がケーニヒスグレーツで、チェコ語名がサドヴァだとばかり思っていたが、そうではないらしい。

日本で天下分け目と言えば、関が原の戦いが思い浮かぶ。東軍対西軍の激突なのだが、大名連合軍の対決だった。総大将は東軍徳川家康で、西軍が石田三成。家康の本陣が桃配山で、三成の本陣が笹尾山に置かれた。先のケーニヒスグレーツとサドヴァの相違は、桃配山と笹尾山の相違に等しい。

オーストリア軍の本陣こそケーニヒスグレーツ付近だったが、プロイセン軍の本陣はサドヴァにあったということだ。

オーストリア国民はケーニヒスグレーツに布陣した自国軍が、プロイセン軍に包囲されて惨敗したことを知っていた。だから単なる地名に過ぎない「ケーニヒスグレーツ」が、「ひどい」という意味の形容詞として用いられることとなった。

「Oper」の名で親しまれる現国立歌劇場は、建設当時徹底的に批判された。あまりの不評に設計責任者が自ら命を絶つという悲劇も起きた。新婚旅行で現地を訪れたミーハーな一観光客の私は、どこがひどいのかよくわからなかったが、当時のウィーン市民は歌劇場を「建築史上のケーニヒスグレーツ」と呼んだ。

« 普墺戦争 | トップページ | ケーニヒスグレーツ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本陣の場所:

« 普墺戦争 | トップページ | ケーニヒスグレーツ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ