ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ニコルスブルク | トップページ | 後援会 »

2012年5月26日 (土)

弱腰外交

普墺戦争で勝ったプロイセンは、敗者オーストリアに対して寛大だった。

  1. 領土の要求をしていない。共同統治だったシュレスヴィヒ・ホルシュタインを取り上げたが、オーストリア本来の領土はそのままにした。一方オーストリア側に付いた領邦からはキチンと領土を接収しているから、オーストリアの特別扱いが目立つ。
  2. ウイーンへプロシア軍を入城させなかった。
  3. 賠償金を取っていない。
  4. ハプスブルク家も維持された。

プロイセンの世論はこれを「弱腰」と叩いたが、ビスマルクの目は既に次の敵フランスを見ていた。ケーニヒスグレーツの勝利を見て、フランスが武装仲裁に入る動きを見せた。戦いを長引かせて介入されたら、土地の一つもくれてやる必要が出てくるし、形勢逆転もあり得る。

これに対する一番の対処法こそが、すみやかな和平だ。さっさとオーストリアと講和してしまえば、フランスの介入を封じることが出来る。その上寛大な扱いでオーストリアに恩を売っておける。ビスマルク外交の真骨頂だ。普墺戦争はドイツ連邦内でのオーストリアとプロイセンの立場逆転だけを認めさせて結着した。わずか7週間である。

« ニコルスブルク | トップページ | 後援会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弱腰外交:

« ニコルスブルク | トップページ | 後援会 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ