ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 仕事速い | トップページ | 普墺戦争 »

2012年5月19日 (土)

デンマーク戦争

古い独和辞典の巻末付録にお宝があった。

実はそこに1806年神聖ローマ帝国解体時の勢力地図が載っていた。これによるとブラームスの故郷ハンブルクはデンマーク領に接しているように描かれている。リューベックとハンブルクを結ぶ線がデンマークとの国境になっている。不思議に思って調べてみた。

当時そのあたりにはホルスタインとシュレスヴィヒという2つの公国があった。どちらもデンマーク王家の親戚が支配しているから実質的にデンマークだったという訳で、先の勢力図では大胆に簡素化して描かれていたということだ。この地の領有をめぐって1848年と1864年の2度にわたってデンマーク王国とプロイセンが戦った。結果プロイセンが勝ち、これら2つの公国はプロイセンとオーストリア帝国の共同統治下におかれることになった。

その2年後に今度は勝った側の内輪もめが起きる。普墺戦争だ。これに勝ったプロイセンは両公国の支配からオーストリアを締め出すことに成功した。現在のシュレスヴィヒホルシュタイン州である。

この2公国がプロイセンの支配になった2年後1868年3月25日ブラームスはコペンハーゲンでの演奏会の折、コペンハーゲンの立派な博物館を称賛して「これがドイツにあったら」と口を滑らす。両国の微妙な情勢を読めないブラームスの舌禍事件であった。ブログやツイッターなら炎上だ。

« 仕事速い | トップページ | 普墺戦争 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デンマーク戦争:

« 仕事速い | トップページ | 普墺戦争 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ