ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 合同定期演奏会 | トップページ | ビスマルク暗殺未遂事件 »

2012年5月 6日 (日)

代数

数学の話ではない。次女の高校オケの用語。来たるスペシャルコンサートを最後に部活を引退する3年生は「35代」と呼ばれている。昨年チャイコの4番とともに引退したのは「34代」で、次女が中2のときドボ8で引退したのが「32代」だった。つまり今回の3年生引退後1年間主役として活動する次女たちは36代ということになる。

逆算するとわかるのだが初代は私が高1のときということになる。当時は弦楽アンサンブルだったらしい。

高校野球やサッカーでは、部活とはいえ実力主義で、有力な1年生はいきなりレギュラーということもある反面、3年間試合に出られない生徒もいる。次女たちの部活はその点が少々違う。5月からの1年間は2年生が活動の主役になる。入学したての1年生が大抜擢などということは起きない。だから学年の個性がクローズアップされる。初代から始まって連綿と途絶えることのない整数の羅列。伝統を意識させるとともに同期の連帯は自然に深まって行く。

さらにコンクール曲と定期演奏会メイン曲がその代の個性をいっそう際立たせる。35代は「革命の終楽章」と「三角帽子」だったし、その前34代は「ラヴァルス」「チャイ4」だった。そして話を微妙にしているのがドイツ公演。「奇数代」にとっては2年生ラストで行くドイツなのに、「偶数代」にとっては1年生ラストでの参加になる。ドイツでの経験をもとにもう1年やれる幸運。

« 合同定期演奏会 | トップページ | ビスマルク暗殺未遂事件 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代数:

« 合同定期演奏会 | トップページ | ビスマルク暗殺未遂事件 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ