ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヘッセン大公国 | トップページ | サリカ法 »

2012年6月 4日 (月)

転職の理由

ブラームスの親友で当代最高のヴァイオリニスト・ヨアヒムは、12歳でライプチヒに赴き、メンデルスゾーンに見出されてそこでデビュー。15歳の時にはメンデルスゾーンに連れられてロンドンを訪問しセンセーションを巻き起こすが、翌年にメンデルスゾーンは他界してしまう。その後の職歴を以下に示す。

  • 1848年 ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団。
  • 1850年 ワイマールのコンサートマスター。
  • 1852年 ハノーファー宮廷楽団のコンサートマスター。
  • 1866年 ベルリン王立アカデミー校長。

1852年のワイマールからハノーファーへの転出は、しばしばリストとウマが合わなかったと説明されることがあるけれど、1866年のハノーファーからベルリンへの異動は、あまり理由を詮索されない。リストとウマが合わなかったときだけ言及するのは不公平だ。

1866年は普墺戦争のあった年。このときハノーファー王国はあろうことかオーストリアについて、プロイセンに敵対した。プロイセン大勝を受けた戦後処理で王国断絶となり、王はウィーンへ亡命したので、宮廷楽団の雇い主が居なくなったということだ。

一方ドイツ統一を目指すプロイセンは、首都ベルリンに芸術の最高学府を設立した。校長にと迎えられたのはハノーファーのコンサートマスターで、雇用主を失ったばかりのヨアヒムだったというわけだ。ヨアヒムは一生ベルリンを本拠として過ごすことになる。きっと三顧の礼もあったのだろう。

  • « ヘッセン大公国 | トップページ | サリカ法 »

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: 転職の理由:

    « ヘッセン大公国 | トップページ | サリカ法 »

    フォト

    ブラームスの辞書写真集

    • Img_0012
      はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
    2019年11月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    無料ブログはココログ