ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 下賜金 | トップページ | 赤壁 »

2012年6月17日 (日)

天下三分の計

三国志の逸話で名高い。三顧の礼によって軍師に迎えられた諸葛亮が、劉備に説いた策。華北の魏、江南の呉に対抗して劉備は四川に拠ることで、魏呉蜀の3国鼎立状態を志向せよという考え方だ。3国の中でももっとも強大な魏でさえも単独で天下を統一する力は無かったことに乗じて、四川盆地の天然の要害に依存しながら蜀で身を立てよということだ。

1866年普墺戦争前夜のことだ。バイエルン宮廷を追われスイスに逃れた後もなお、バイエルン王ルートヴィヒ2世と交友があったリヒャルト・ワーグナーは作曲と同様、政治的感覚もすぐれていた。バイエルンを奉じてのドイツ統一を夢見ていたワーグナーは、プロイセンとオーストリアの対立を好機と捉えていた。バイエルンは今こそ、毅然たる態度でオーストリアとプロイセンの仲裁役となり、両者と対等の立場を維持しつつドイツ統一の主役になるべきだとルートヴィヒ2世に書き送る。ワーグナーの狙いは、「オーストリア」「プロイセン」の対立に乗じて「バイエルン」の影響力を維持することだ。まさに「天下三分の計」だ。

ルートヴィヒ2世は、議会を強引に丸め込むほどの影響力は発揮できず、オーストリアとプロイセンの関係悪化のペースについてゆけなかった。何も影響力を行使できないうちに普墺戦争があっという間にプロイセンの圧勝で終わり、天下三分は夢と帰す。

プロイセンのビスマルクは、バイエルン王ルートヴィッヒ2世に対するワーグナーの影響力に注目することになる。

« 下賜金 | トップページ | 赤壁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天下三分の計:

« 下賜金 | トップページ | 赤壁 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ