ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 部活の元日 | トップページ | あわただしい初演 »

2012年6月 1日 (金)

外交の達人

普墺戦争に勝ったビスマルクは、不思議なことにオーストリアに対して領土的要求をしていない。シュレスヴィヒ公国とホルスタイン公国の領土に対する単独支配権こそ認めさせたが、オーストリアの領土を切り取っていない。普仏戦争後のフランスに対する領土要求とは雲泥の差だ。

オーストリアは人口の3割を占めるドイツ人が支配する国である。ドイツ統一の方向性を決めるための手段として一戦交えたが、その後はやはり同盟国でいてくれねば困るのだ。万が一フランスと同盟でも結ばれたら取り返しのつかぬことになる。

つまりビスマルクの頭の中は「対フランス」で固まっているのだ。外交手段を駆使してフランスを包囲することが第一の外交方針だった。そのためにはロシアや英国との連携も辞さないという構えだ。何がそうまでして彼を「フランス憎し」に走らせるのか。「槍族」と「短剣族」の遺恨がずっと続いていたのではあるまいか。

ドイツのそうした路線はビスマルクの失脚で敢え無く崩れ去る。その後ドイツはフランスとの敵対はそのままに、ロシアや英国との関係もこじらせてしまう。

« 部活の元日 | トップページ | あわただしい初演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外交の達人:

« 部活の元日 | トップページ | あわただしい初演 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ