ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 語り草 | トップページ | サントゥッツァ »

2012年8月 8日 (水)

トレーナー

私が所属していた頃、私の大学オケには、トレーナーがいた。通常の練習や合宿でお世話になった。弦楽器に3名、木管に1名、金管に1名、打楽器に1名だったと思う。常任指揮者のほかにプロの音楽家から定期的に指導を受けた。

次女の高校オケにも、トレーナーがいる。いるどころではない。各楽器に1人いると申してよい。たとえば弦楽器はヴァイオリンには2名いる他、ヴィオラ、チェロ、コントラバスのほか、こともあろうにハープにもいらして計6名。木管はフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴットに各1名で4名。金管楽器はトランペット、ホルン、トロンボーン、チューバに各1名で4名。打楽器には2名おられて、なんと総勢16名になる。

費用は部費から支払われる。定期的に練習を見てもらうほか、合宿にも交代でおいでいただける。弦楽器で申せばパート練習の指導が中心だが、弦分奏や個人練習にもおつきあいいただくことになる。コンクール前は凄い密度の練習になる。

我が家の長女6歳と次女4歳が、ヴァイオリンのレッスンを始めたとき私が探した先生が実は、ヴァイオリンのトレーナーだったりする。2008年と2010年には春のドイツ遠征のために、レッスンが1週間抜けることがあった。たくさんの土産話をしてもらいながら、「うちの高校においでよ」と勧められていた。

次女のドイツ遠征は、こうした縁を積み重ねた頂点にある。

« 語り草 | トップページ | サントゥッツァ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トレーナー:

« 語り草 | トップページ | サントゥッツァ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ