ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 国葬じゃない | トップページ | プロイセンの落日 »

2012年8月 2日 (木)

鏡の間

1871年普仏戦争に勝利したプロイセンは過激なことに、ウイルヘルム1世のドイツ皇帝への即位式典を、パリ・ベルサイユ宮殿で挙行する。会場になったのが鏡の間だ。フランス人にとっては屈辱的だ。普墺戦争の敗者オーストリアに対する寛大な措置とは雲泥の差である。アルザス・ロレーヌ地方の併合と共に大きな遺恨となる。

時はめぐり1918年第一次世界大戦の講和条約が、パリ・ベルサイユ宮殿で締結された。世に言うベルサイユ条約だ。締結された会場がまたしても鏡の間だった。これは歴史の偶然ではなく、明らかな仕返しだ。

このときドイツに課された賠償金は、当時のドイツのGDPの20年分とも言われる大金だ。この過酷な戦後処理が第二次世界大戦の原因とも指摘されている。

« 国葬じゃない | トップページ | プロイセンの落日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鏡の間:

« 国葬じゃない | トップページ | プロイセンの落日 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ