ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 三権分立 | トップページ | 直間比率 »

2012年8月14日 (火)

議会との折り合い

1862年、宰相に就任してからの10年間、ビスマルクは大きな戦争に3連勝した。当初敵対した議会も、ビスマルクになびき大与党が発達した。だから皇帝の信頼もあって、微妙な駆け引きと豪腕を使い分けながらも、悠々と議会と折り合った。

ところが、1871年のドイツ帝国成立以降、大きな国際紛争がなくなったことで、議会運営は難しくなって行く。プロイセン宰相とドイツ帝国宰相との兼務は微妙なズレを生んで行く。

1886年だから引退の4年前のことだ。音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第3巻の79ページで、友人のヴィトマンは、ビスマルクの粗探しをする議会にブラームスが文句タラタラだったと証言する。政治的事件に対するブラームスの視点はいつも、「ドイツ国民の利益になるかどうか」だったともいう。

ビスマルクの断固たる支持者ブラームスである。

« 三権分立 | トップページ | 直間比率 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議会との折り合い:

« 三権分立 | トップページ | 直間比率 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ