ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 元帥 | トップページ | 師団長のための独和辞典 »

2012年8月21日 (火)

4階級特進

ビスマルクのプロイセン陸軍内での位階は、最終的には「元帥位を有する上級大将」だった話を既にしておいた。23歳のビスマルクは1828年から1年間兵役に就いた。このとき少尉に任じられていた。その後退役して故郷に戻って農園を経営していた。その後軍隊に所属していたことはないが、政界進出後1861年までに大尉になっていた。

1866年7月普墺戦争での抜群の功績を称えた国王はビスマルクを、マグデブルク郷衛軍の第7騎兵連隊長に任じた。もちろん実戦で采配を振るうことはない名誉職。位階は少将だ。大尉で昇進は止まっていたから、少佐、中佐、大佐を一気に飛び越えての少将だ。前年にはザクセン・ラウエンブルク伯爵に叙せられていたのに、さらに4階級特進をもって報いるほどの功績だったということだ。

ビスマルクの国会での演説はタキシードだったのだが、これ以降軍服での登院が多くなる。

« 元帥 | トップページ | 師団長のための独和辞典 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4階級特進:

« 元帥 | トップページ | 師団長のための独和辞典 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ