ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« プロイセンの落日 | トップページ | ポムメルン »

2012年8月 4日 (土)

シューンハウゼン

ビスマルクの本名は長い。Otto Eduard Leopord von Bismarck-Schonhausen と綴る。末尾に現れる「Schonhausen」の「o」はウムラウトする。実はこれが地名である。「美しいふるさと」くらいの意味。ベルリンの真西およそ100kmの位置にシュテンダール(Stendal)という街がある。この街の東側およそ10kmをエルベ川が南から北に流れている。ブラームスの故郷ハンブルクから見るとおよそ250km上流に相当する地点となるが、まさにその東岸にシューンハウゼンの街がある。そこがビスマルクの故郷だ。現代の道路地図で見る限りかなり小さな街。

以前記事で、ユンカーはエルベ川東岸に見られる大土地所有の貴族だと書いた。ビスマルク家もユンカーなので、その故郷はエルベ川より東に決まっているのだが、ギリギリだった。

ビスマルクは1845年に家督を継いでから農場を経営した。シューンハウゼンの位置は絶妙な位置だ。ハーヴェル川を使えばベルリンとも水運でつながっている。4年間の農場経営ののち1849年に下院に初当選をはたす。

« プロイセンの落日 | トップページ | ポムメルン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューンハウゼン:

« プロイセンの落日 | トップページ | ポムメルン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ