ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 「tranquillo」異聞 | トップページ | なぜクラシック »

2012年9月19日 (水)

WBCドイツ代表

WBCは野球の世界大会・ワールドベースボールクラシックの略称。紆余曲折はあったものの日本の出場も決まった。

日本はこれに2連覇し、野球の現ワールドチャンピョンだ。ブログ「ブラームスの辞書」では、日本の3連覇を阻止すべく、ドイツが大会に参戦するという極秘情報を独自にキャッチした。以下にスカウティングレポートをお届けする。

  • 1番 ショート ロベルト・シューマン(デュッセルドルフ)
  • 2番 サード フェリクス・メンデルスゾーン(ライピチヒ)
  • 3番 センター リヒャルト・ワーグナー(バイロイト)
  • 4番 ファースト ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(ボン)
  • 5番 ライト リヒャルト・シュトラウス(マイニンゲン)
  • 6番 指名打者 ゲオルグ・フィリップ・テレマン(ハンブルク)
  • 7番 レフト カルル・マリア・フォン・ウェーバー(ミュンヘン)
  • 8番 キャッチャー ゲオルグ・ヘンデル(ハレ)
  • 9番 セカンド ヨハネス・ブラームス(ハンブルク)
  • P  ヨハン・セバスチャン・バッハ(ライプチヒ)

<守備>

父が投げ母が受けるといった感じの息のあったバッテリーだ。バッハ投手は球種、スタミナ、スピードを兼ね備えた本格派だ。ショート・シューマンとセカンド・ブラームスの併殺コンビは一見の価値がある。外野はオペラ組で固めた鉄壁の布陣だ。

<攻撃>

ワーグナー、ベートーヴェン、Rシュトラウスのクリーンナップは強力だ。出塁率のいい1,2番との連携で、爆発的な得点力を生み出す。弱点は左打者不在か。

« 「tranquillo」異聞 | トップページ | なぜクラシック »

コメント

<魔女見習い様

はい。ノリがご理解いただけたとすれば嬉しい限りです。

楽しく拝読しました。
この種の記事、好きです。
ただ、みなさんのユニフォーム姿を想像すると・・・・・(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBCドイツ代表:

« 「tranquillo」異聞 | トップページ | なぜクラシック »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ