ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« WBCドイツ代表 | トップページ | ブラームスと火山 »

2012年9月20日 (木)

なぜクラシック

野球の世界大会のことを何故「ワールドベースボールクラシック」というのだろう。最後の「クラシック」が判らない。この疑問が昨日の記事のキッカケだった。クラシックの作曲家総出で繰り広げられる草野球の大会というイメージだ。

大好きなブラームスをラストバッターで二塁手にしたところが、味噌である。4番でエースなんかにしてしまっては、デリカシーを疑われかねない。雛祭りの右大臣と同じ発想だ。広大な守備範囲と職人芸が光るいぶし銀の二塁手でフィットする。ベートーヴェンと守る1、2塁間は、通称「くもの巣」で、遊撃手のシューマンと完成させるダブルプレイは芸術の域だ。小フライを追いかけてセンターのワーグナーと交錯するのも見所だし、バッハ投手のピンチには、マウンドに駆け寄る心遣いも必見だ。

さてさて実は今日から本物のWBC予選。ドイツは英国、チェコ、カナダとともに予選2組で総当たり戦を戦う。この中で1位だけが本大会に進むことが出来る。会場はドイツのレーゲンスブルク。がんばれドイツ。

« WBCドイツ代表 | トップページ | ブラームスと火山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜクラシック:

« WBCドイツ代表 | トップページ | ブラームスと火山 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ