ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 新しいナンバー | トップページ | 炎涼の変 »

2012年9月26日 (水)

クラカタウ

記事「大噴火」でブラームス存命中の噴火を列挙した。このうちインドネシアのクラカタウ火山の噴火は、ブラームスも知っていた可能性が高い。19世紀後半のこの時期は、世界の通信網が飛躍的に発展し、現代に連なる通信社が産声を上げた時代。ましてインドネシアは列強ひしめくアジア、オランダ東インド会社の足元での大噴火だった。近くを航行中の船舶も多く、まとまった情報が残っている。噴火がニュースとして世界を駆け巡った最初のケースだといわれている。

1883年。ブラームスは恒例の夏の避暑にヴィースバーデンを選ぶ。そのヴィースバーデンにブラームスが到着した5月20日に、インドネシアのクラカタウ火山が最初の噴火を始めた。大噴火はその年の8月27日午前10時2分にやってきた。噴煙は最高27000mに達し、琵琶湖を半分埋め立てるくらいの土砂が噴出した。地球の反対側のコロンビアで19時間後に衝撃波を観測した他、15日かけて地球を7周した。32時間後に津波がフランスの海岸に到達したという記録もある。直後に発生した津波の被害も含めた犠牲者はおよそ3万7千人。

翌年1884年秋以降世界中で記録的な低温が観測された。空気中のチリが原因でその後3年間、世界中の夕焼けが美しくなったという説もある。

« 新しいナンバー | トップページ | 炎涼の変 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラカタウ:

« 新しいナンバー | トップページ | 炎涼の変 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ