ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 日本赤十字社 | トップページ | 無害通行 »

2012年9月30日 (日)

クリミア戦争

オスマン帝国の弱化につけこんで南下政策を推進するロシアと、これを阻止せんとする英仏連合の戦い。黒海のクリミア半島が主戦場になったことに由来するネーミングだ。日本ではナイチンゲールの話とともに言及されることが多い。

結果は英仏連合の勝利。戦いの趨勢が決まった頃に連合国側として参戦したオーストリアに、ロシアが嫌悪感を示したことは当たり前だが、あまりの節操の無さに英仏両国での評判もガタ落ちした。これに対してプロイセンは断固中立を守った。フランスはロシア本土に派兵するために、フランス軍のプロイセン通過を要求したが、当然のごとくこれをはねつけて、ロシアに恩を売った。

開戦は1854年3月27日で、収束が1856年3月30日。よく見て欲しい。シューマン入院のおよそ3週間後に始まって、同地で没する3ヶ月前に終結したということだ。シューマン最後の闘病生活はクリミア戦争とほぼ重なっている。プロイセンは中立を守ったとはいえ、英仏露墺にトルコがしのぎを削った戦争だったのだが、シューマン夫妻やブラームスの伝記だけをいくら熱心に読んでも、クリミア戦争の実感は伴いにくい。

« 日本赤十字社 | トップページ | 無害通行 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリミア戦争:

« 日本赤十字社 | トップページ | 無害通行 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ