ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 公侯伯子男 | トップページ | 貴族のvon »

2012年10月22日 (月)

ザクセン・ラウエンブルク公国

シュレスヴィヒ公国、ホルシュタイン公国とともにエルベ3公国と呼ばれていた。現在ではドイツ領でハンブルク市の東隣一帯を占める小国。1864年に起きたデンマーク戦争の際、プロイセンは同公国を占領し、翌年にはウィルヘルム1世を君主に迎えプロイセン王国と同君連合する運びとなる。同時にビスマルクが同公国の宰相に就任している。このときザクセン・ラウエンブルク伯爵となった。この状態は1876年まで続き、公国は解体されてプロイセンに併合されてしまう。

1871年ドイツ帝国成立に功ありとしてビスマルクが、下賜された所領フリードリスルーは、まさにこのザクセン・ラウエンブルク公国内にあった。引退後この地に引きこもるビスマルクに対し、1代限りの条件付ながらザクセン・ラウエンブルク公爵位が授与された。

公国は公爵が君主になっている国だから、ザクセン・ラウエンブルク公爵はすなわち同公国の君主を意味する。既にプロイセンに併合されて消滅した公国なのだが、ビスマルクはその所領に名目上の君主として降臨したに等しい。

当時ユンカーからの出世は子爵止まりが通例だったが、ビスマルクは一代限りとはいえ最高位の公爵まで昇った。公国領主への大出世であった。

« 公侯伯子男 | トップページ | 貴族のvon »

コメント

<品川さま

いらっしゃいませ。
昔の記事を掘り当てていただいたばかりか、貴重な情報をお寄せいただきありがとうございました。

不躾に過去記事へ書き込み失礼します。ドイツに子爵は無いし、大モルトケはモルトケ=クライザウ伯爵に、ビスマルクもビスマルク=シェーンハウゼン侯爵になってますから、子爵止まりは侯爵止まりの誤りでは?と思った次第。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザクセン・ラウエンブルク公国:

« 公侯伯子男 | トップページ | 貴族のvon »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ