ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 遅ればせの植民地 | トップページ | 逆転の秘策 »

2012年10月30日 (火)

ノイポムメルン島

1884年にドイツはビスマルク諸島を植民地化した。現在はパプアニューギニア領。もちろん時のドイツ帝国宰相ビスマルクにちなむ命名。

ノイポムメルン島の名前は現在の地図では見当たらない。ビスマルク諸島で最大の島がノイポムメルン島と呼ばれていた。およそ九州くらいの大きさ。第一次大戦でドイツが敗れてオーストラリア領となり、現在の呼び名はニューブリテン島。

ポムメルンというのは現在のドイツとポーランドにまたがるバルチック海沿岸の地域名。それに「ノイ」つまり「新」をかぶせた命名だ。近所には「ノイメクレンブルク島」もある。ドイツ領だった時代には、ドイツ風の地名で呼ばれていた。

ここは日本とも関係が深い。太平洋戦争中の日本軍の最前線の島だった。島の北の端にあったのが、有名なラバウル基地である。ゼロ戦好きの私にはなじみの場所。本当に短い期間だが日本は事実上ビスマルク諸島を占領していたということだ。

« 遅ればせの植民地 | トップページ | 逆転の秘策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノイポムメルン島:

« 遅ればせの植民地 | トップページ | 逆転の秘策 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ