ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 事業譲渡 | トップページ | ビスマルクの肉声 »

2012年10月13日 (土)

ハインリヒ・フォン・シュテファン

ドイツ郵便の父。ハプスブルク家ご用達のタクシス家から郵便事業接収した際、ビスマルクの片腕としてタクシス家との交渉にあたった人物。ドイツ帝国成立と共にドイツ帝国郵便の総裁になった。日本では前島密、英国ではローランド・ヒルが有名だがドイツではこの人。

ベルリン市内地下にエアシューター網を張り巡らしたりアイデア豊富な人だったが、1874年に諸国に呼びかけて万国郵便連合を創設した。国境をまたぐ郵便のアイデアが当時としては斬新だった。日本の加盟は1877年で23番目、つまりオリジナルの22カ国の次ということになる。

森鴎外の「独逸日記」にはいたるところに「家書」という単語が現れる。東京に遺した家族からの手紙のことだ。そりゃあもうしょっちゅうで、いちいちそれを日記につけていた鴎外が、これを楽しみにしていた証拠だ。万国郵便連合に加盟していた恩恵ともいえる。

さて、この人が没したのは1897年4月8日。ブラームス没の5日後ということになる。

« 事業譲渡 | トップページ | ビスマルクの肉声 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハインリヒ・フォン・シュテファン:

« 事業譲渡 | トップページ | ビスマルクの肉声 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ