ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 貴族のvon | トップページ | ユンカーの起原 »

2012年10月24日 (水)

ユンカー

「Junker」と綴るドイツ語。一般にはエルベ川以東の大農場所有の小貴族。公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵の序列のさらに下にあたる。語源は「Junchherro」で今風に申せば「Jung Herr」だから「若殿」くらいの意味。侯爵や伯爵の息子たちを指す言葉だった。12世紀の東方殖民に発した土地制度まで遡ることができる。19世紀当時およそ500ha程度の土地を所有し自ら農場を経営した。ドイツの南西部と違って長男が単独相続する。宗教はプロテスタントだ。そこの高位聖職者は国王から任命され、服従を最高の美徳と教える。小さいながらも貴族だから、国王への忠誠熱き人材を次々と輩出する。

とりわけユンカーの次男以下には相続権が無いから、プロイセン軍への人材供給源になった。20世紀になってもドイツ陸軍の将校にはユンカー出身が多かった。

オットー・フォン・ビスマルクもまたユンカーの出身である。ビスマルクは当初ユンカー層の利益代弁者として台頭することになる。

« 貴族のvon | トップページ | ユンカーの起原 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユンカー:

« 貴族のvon | トップページ | ユンカーの起原 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ