ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 余韻 | トップページ | ツァイス »

2012年11月20日 (火)

旧古河家庭園

東京滝野川に旧古河家庭園がある。もともと陸奥宗光の所有だったが、彼の次男が古河市兵衛の養子になった縁で、古河家のものとなった。古河市兵衛は鉱山の開発で名を成し、足尾銅山も同家の所有するところである。1832年生まれだからブラームスとほぼ同時代の人。銅の需要を掘り起こすために彼が目をつけたのは、電機事業だった。ドイツのトップメーカージーメンス社と急速に接近する。

念願の合弁にこぎつけたのが二代目潤吉だった。1921年のことだ。合弁によって生まれた新会社の名前は「古河」の「ふ」と「ジーメンス」の「じ」を組み合わせたといえば、今なお存続する大企業だとわかるハズだ。

ジーメンスと日本の関係で名高いのは1914年におきたジーメンス事件。海軍高官に渡ったリベートが発覚し総理大臣の辞任に発展した疑獄事件。海軍無線電信所船橋送信所の設置に伴う、無線機器一式の発注に便宜を図るためのリベートだったという。日米開戦を意味する「ニイタカヤマノボレ」もここから発信された。ここは我が家に近い。跡地の公園にも遊びに行ったことがある。現在も道路が円を描いているのが特徴だ。

003

« 余韻 | トップページ | ツァイス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧古河家庭園:

« 余韻 | トップページ | ツァイス »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ