ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 必然と偶然と | トップページ | 嫡男の結婚 »

2012年11月24日 (土)

執念の仕業

第一大戦の講和条約を一般にベルサイユ条約と言う。パリ・ベルサイユ宮殿で講和会議が開かれたからだ。1919年に締結されたのだが、ここにも昨日同様の必然がある。

正式に内容が確定したのが6月27日だったのだが、この講和会議が始まったのが1919年1月18日だった。ベルサイユ宮殿鏡の間で1871年にドイツ帝国が成立した日だ。この日がそこから170年遡ったプロイセン王国成立の日だったことと合わせてフランス側の受けた屈辱は深くて大きかった。ドイツの敗戦処理を話し合う講和会議がその1月18日に始まったのを偶然とみなしては人が良すぎるだろう。これは完全にフランスの仕返しだ。

さらに6月27日の確定に先立って、条約の内容がドイツ側に内示された日を調べて愕いた。1919年5月7日だった。こちらは執念ではなくおそらく偶然だ。

« 必然と偶然と | トップページ | 嫡男の結婚 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 執念の仕業:

« 必然と偶然と | トップページ | 嫡男の結婚 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ