ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 第四帝国 | トップページ | ボロジノの戦い »

2012年12月 6日 (木)

プルシアンブルー

1704年ベルリンの研究家が偶然から発見した青色の顔料。1701年1月18日に成立したプロイセン王国にちなんで、プルシアンブルーと呼ばれるようになった。ベルリンブルーという別名もある。当時青の顔料といえば超高価なウルトラマリンしかなかったので、プルシアンブルーはその安価な代用品としてたちまちのうちに広まった。プロシアンブルーではなくてプルシアンブルーだから少々わかりにくい。

プルシアンブルーが日本に輸入されたのは1829年。中国を経由して大量に入ってきた。「ベロ青」「ベロ藍」「ベロリン」などと呼ばれた新参顔料をたくみに利用したのが北斎で、彼の代表作「富嶽三十六景」は1831年の出版で、これはヨアヒムの生まれた年。ちなみに広重の「東海道五十三次」は、ブラームスの生年1833年の出版。

お気づきの通り「ベロリン」とは「ベルリン」のことだ。

« 第四帝国 | トップページ | ボロジノの戦い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プルシアンブルー:

« 第四帝国 | トップページ | ボロジノの戦い »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ