ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 旅の交点 | トップページ | 地名語尾「塩」 »

2013年1月27日 (日)

無塩

「無塩」と申せば「本来塩の含まれるものから塩分が抜かれた状態」を指す言い回しと解して間違いあるまい。「無塩バター」などよく見かける。塩は人体に無くてはならない成分であると同時に料理の味付けの基本でもある。「塩梅」などの言葉からもうかがい知れよう。

森鴎外の「独逸日記」に興味深い記述を発見した。

1885年8月28日。ザクセン軍の演習を見学した鴎外はこの日ネルハウという街に入る。その夜「村劇」を観た。村の演劇というニュアンス。これに出演した女性について鴎外が述べる。

「皆無塩なり」

無残な注がふられている。曰く「容姿の醜いこと」だと。鴎外の造語ではなくて、れっきとした中国古典からの引用だ。塩抜きが味気なさに連なり、そこからの類推でと無理やり解釈してはならない。出典は中国の地名らしい。

« 旅の交点 | トップページ | 地名語尾「塩」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無塩:

« 旅の交点 | トップページ | 地名語尾「塩」 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ