ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 塩水泉マーカー | トップページ | 泉3兄弟 »

2013年2月 8日 (金)

塩の王子

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の母はゾフィという。彼女は結婚後6年間、子宝に恵まれなかった。侍医ヨハン・マルファッティは、ベートーヴェンの最晩年の治療にも関与した人物。彼は子宝が授かるようにと塩水療法を勧めた。最初の療養はハラインという場所。Halleinと綴るのだが、冒頭の「Hall」は古ドイツ語で「塩」を意味するそのものズバリの地名だ。

ところが、ここでは効果が出ず、次に赴いたのがバート・イシュルだった。これがまんまと的中してその後5人の子に恵まれた。このうちの最初の子が皇帝のフランツ・ヨーゼフ1世その人である。だからウィーンの人々は親しみをこめてフランツ・ヨーゼフを「塩の王子」と呼んだ。

さて、23歳の皇帝は見合いのためにまたイシュルを訪れた。本来の見合いの相手には見向きもせず妹のエリザベートに一目惚れしたことは、あまりにも有名だ。イシュルは皇帝にとって縁起のよい場所だということだ。だからカイザーヴィラという別荘を建ててしばしば夫婦で訪れた。

そう、ブラームスもしばしば夏の避暑地に選んだあのイシュルである。

« 塩水泉マーカー | トップページ | 泉3兄弟 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塩の王子:

« 塩水泉マーカー | トップページ | 泉3兄弟 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ