ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 色の名前 | トップページ | ドイツ人教皇 »

2013年2月12日 (火)

白い川

グスタフ・マーラーがイシュル滞在中のブラームスに面会するために片道30kmの道のりを自転車で通ったことは既に話題にした。地図の上でその道のりをたどる記事だ。その中で、マーラーはWeissenbachという川に沿って走ったはずだと推定した。「白い川」だ。そのときは何も感じなかったが、最近妙に塩漬けにされた脳味噌で読み返してみると実に興味深い。同じ地名はザルツブルクの南にもある。あたり一帯はザルツカンマーグートと呼ばれる地域。大景勝地にして大製塩地帯である。

これがドイツ領内では「Weissbach」となって5箇所に分布する。このうちニュルンベルクの北西にある「Weissbach」は、製塩地として有名だ。

白く見えるのは塩の析出ではあるまいか。塩源の探査に熱心な支配者にとってこれは有力な目印だ。白い色の原因が石膏だったにしても同じことだ。岩塩層の上部に石膏が存在するのは地質学のお約束らしい。白い川の上流には塩源が存在する可能性が高い。

« 色の名前 | トップページ | ドイツ人教皇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白い川:

« 色の名前 | トップページ | ドイツ人教皇 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ