ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 防衛線としてのライン | トップページ | レマゲン鉄橋 »

2013年2月24日 (日)

橋とウムラウト

「Brucke」(uはウムラウト)は「橋」だ。塩、泉ネタからの流れで川のネタで盛り上がったから今度は橋である。複数形「brucken」が地名語尾になっている。ザールラント州の都「Saarbrucken」が名高い一方、オーストリアの「Innsbruck」は「イン川の橋」で良いのだと思うが、ウムラウトが脱落している。念のため調べてみると、オーストリア領内では全て、ウムラウトの脱落が起きている。

ドイツを調べた。ドイツ国内で「オーストリア型のウムラウト無し」が見られるのはバイエルン州に限られる。しかも全てドナウの南だ。

何とこれには不気味な符合がある。バイエルン方言の特徴として「u」のウムラウトが回避されることがしばしば起きる。だから標記上もウムラウトが消されたと解し得る。オーストリア方言はバイエルン方言を母体にしていることからもこの分布が説明出来てしまう。

地名分布と方言がきれいにシンクロする。

« 防衛線としてのライン | トップページ | レマゲン鉄橋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 橋とウムラウト:

« 防衛線としてのライン | トップページ | レマゲン鉄橋 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ