ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 地名接頭語 | トップページ | バルト3国の位置 »

2013年3月23日 (土)

牝馬の庭

バーデンビュルテンベルク州の都はシュトゥットガルトだ。Stuttgartと綴る。地名語尾「gart」は「garten」の語尾脱落と解されているから、意味としては「庭」「牧場」だ。「Stutt」は「牝馬」なので合わせて「牝馬の庭」とでも解されよう。

シュトゥトガルト市のエンブレムには「馬」が描かれている。後足で立つ馬だなどと申し上げるよりは、「ポルシェ」のエンブレムの中央に描かれている馬と説明した方が早くて確実だ。ポルシェ社は本社所在地の市章を自社のエンブレムに借用しているということだ。

さらに自動車レースの世界ではポルシェとともに抜きん出た存在のフェラーリがある。実はこのフェラーリ社の社章も「後足で立つ馬」である。紆余曲折もあってイタリアメーカーなのにシュトゥットガルト市の紋章が用いられている。創立者エンツォ・フェラーリが、まだレーサーだった頃、お守りとして車につけていたマークが、シュトットガルト市の紋章だったという由来が伝えられている。細かく見るとポルシェの馬より、フェラーリの馬の方が直立に近い感じがする。

どうもシュトゥットガルトは自動車に縁がある。点火プラグや電子部品のボシュ、座席のトップメーカーであるレカロ社の本社もシュトゥットガルトだ。

« 地名接頭語 | トップページ | バルト3国の位置 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牝馬の庭:

« 地名接頭語 | トップページ | バルト3国の位置 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ