ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 街の形 | トップページ | 都市の三要素 »

2013年4月 6日 (土)

Cannstatt

昨日の記事「街の形」で、都市を意味する「シュタット」のヴァリエーションについて述べた。その中にあったのが地名語尾「statt」だ。「stadt」に比べるとマイナーながらバーデンヴュルテンベルク州やバイエルン州に散見される。「シュタット」と読むなら「stadt」よりも自然な感じがするのだが、現実的には少数派だ。

地名語尾「statt」の実例を調べていた。シュトゥットガルトのすぐ西隣に「Bad Canstatt」という街がある。自動車草創期のエンジニア、ゴットリープ・ダイムラーがこの街に1890年に「Daimler Motoren Geselschaft」(DMG)を創業する。これが現在もなお高級車市場に君臨するダイムラー社の起こりだ。マンハイムで創業したベンツ社とは全くの別企業。ブラームスの存命中は別の道を歩んだが、米国フォード社への対抗上1926年に合併してダイムラー・ベンツ社となる。オーストリアの豪商エミールイェネリックが娘の名「メルセデス」を車名にすることを提案し、やがてこれが同社を代表するブランドになる。同社の本社は今でもシュトットゥットガルトにあるし、同地のサッカークラブの本拠地「メルセデス-ベンツアリーナ」昔「ゴットリープダイムラーシュタディオン」と呼ばれていた。

ゴットリープ・ダイムラーは1834年3月17日に生まれだから、ブラームスと同学年。そしてそして彼の父はヨハネス・ダイムラーである。

2012112310130000

« 街の形 | トップページ | 都市の三要素 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Cannstatt:

« 街の形 | トップページ | 都市の三要素 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ