ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 街道を行く | トップページ | Plattenkalk »

2013年4月21日 (日)

アルトミュールタール自然公園

ドイツ語では「Altmuhltal Naturapark」と綴る。ドイツ全体で101箇所ある「Naturapark」(自然公園)の一つだ。アルトミュール川の谷あいの風景が売り物。「アルトミュール」は「古い水車小屋」という意味だから、のどかな川の景色を思い起こさせる。レーゲンスブルクからドナウ川を少し遡ったところで、北側から合流する。フランケンアルプスという丘陵地帯を越えて、ローテンブルクの北東およそ10kmの位置に源流がある。「フランケンアルプス越え」の部分がアルトミュールタールの核心部になる。

さて以下の地名をご覧いただく。

  1. Langenaltheimランゲンアルトハイム
  2. Eichstattアイヒシュテット
  3. Riedenburgリーデンブルク
  4. Workerszellヴォルケルスツェル
  5. Steinbergシュタインベルク

これら全て同自然公園の区域内にある地名なのだが、見ただけでハハーンとなる人は、その道の愛好家に違いない。鳥類の先祖とも目される「始祖鳥」の化石発見地だった。表向きはゾルンホーフェン産と言われるが、細かくはこういうことになっている。

1番のランゲンアルトハイムは、ゾルンホーフェンの隣町だ。板状石灰岩の産地だった街の医師が、鉱夫たちからお金の代わりに化石で診察報酬を受けていたといい、その中にいわゆるロンドン標本があった。産出は1861年で後に英国がこの医師から買い取ったのだ。ダーウィンの「種の起源」が刊行間も無いこの時期、ドイツでは化石の重要さが正しく認識されていなかったので、まんまと英国にさらわれた。

その後、1877年に上記2番のアイヒシュテットで出たのが、現在ベルリンフンボルト博物館所蔵の、ベルリン標本だ。化石の価値が認識されて高騰したが、プロイセン政府が威信をかけて買い上げた。その他現代10体ほど知られる始祖鳥の化石はこの5箇所から出たものだ。

同自然公園は始祖鳥のふるさとだ。

スペシャルコンサートまであと21日。

« 街道を行く | トップページ | Plattenkalk »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルトミュールタール自然公園:

« 街道を行く | トップページ | Plattenkalk »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ