ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 運河を行く | トップページ | Wasserstrassenkreuz »

2013年4月24日 (水)

Wasserscheide

独和辞典でひくと「分水界」と書いてある。普通分水界はいちいち書き込まれてはいない。きりが無いからだ。ところが、愛用の道路地図にはたった一箇所だけ「Wasserscheide」と書かれている場所がある。

これを説明するためには、「マイン-ドナウ運河」を語らねばならない。文字通り「マイン川」とドナウ川」を繋ぐ運河だ。マイン川はライン川に合流してやがてオランダから北海に繋がっている。アルトミュールタール自然公園で名高いアルトミュール川をマイン川とつなぐことによって、ドナウ川を伝って黒海に抜けることが出来る。この運河のおかげで、黒海と北海が繋がるということだ。フランケンアルププスという分水嶺を貫くため。いくつも閘門が設けられるなど、技術的難易度が高いため、全通は1990年だった。もちろんブラームスは間に合っていない。かすりもしない。

ディートフルトという街でアルトミュール川から分岐したマインドナウ運河は、あるいは北行し、あるいは西行し、かれこれ30kmでアウトバーン9号線に出会う。これをくぐったところに「Wasserscheide」と書いてあり、隣に406mと添えられる。つまりマインドナウ運河の最高点を示すためだ。アルトミュール川との分岐からここまでのぼりだったが、ここからは下るという場所に相当する。この先、ニュルンベルクを抜けてバンベルクの西郊でマイン川に至る。

スペシャルコンサートまであと18日。

  • « 運河を行く | トップページ | Wasserstrassenkreuz »

    コメント

    コメントを書く

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: Wasserscheide:

    « 運河を行く | トップページ | Wasserstrassenkreuz »

    フォト

    ブラームスの辞書写真集

    • Img_0012
      はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
    2020年2月
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    無料ブログはココログ