ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« アイフェル火山群 | トップページ | パングラム »

2013年5月30日 (木)

スケーターズワルツ

小学校の音楽の時間に習った覚えがある。作曲者はワルトトイフェルであることも習った。「Waldteufel」と綴る。ストラスブール生まれのフランス人なのだが、スペリングから見てドイツ系だ。申すまでも無く「Wald」は「森」の意味で、後半の「Teufel」は「悪魔」だから、合わせて「森の悪魔」くらいの意味になる。ちょっと意外。

この「Teufel」はドイツの地図の中にときどき現れる。森の中の建造物に「Teufelsfels」(悪魔の岩)、「Teufelskanzel」(悪魔の説教壇」)、あるいは「Teufelsmauer」(悪魔の壁)という具合だ。大抵の場合これらは古代ローマの遺跡。森の中に点々と砦や城壁の廃墟が放置されているのを見た昔の人が命名した。当時の知識人の代表だった村の教会の牧師さんも由来を説明できずに、「あれは悪魔の仕業」とでも説明した名残だ。キリスト教の世界観から逸脱した建造物だから無理も無い。

「悪魔」という意味の特殊さから考えて地名にはなりにくいのだが、ベルリンの西北西およそ40kmのあたり一帯が、「Teufelsbruch」と名づけられている。「Bruch」は「湿地」という意味だ。その中央に「Teufelhof」(悪魔の庭)という街まで実在する。

今日5月30日はブログ「ブラームスの辞書」の創立記念日。2005年創立なので今日で満8年だ。

« アイフェル火山群 | トップページ | パングラム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スケーターズワルツ:

« アイフェル火山群 | トップページ | パングラム »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ