ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 低い山 | トップページ | FranzJosephshohe »

2013年5月25日 (土)

ウィルヘルムスヘーエ

「Wilhelmshohe」と綴るドイツの地名。「o」はウムラウトだ。地名語尾「hohe」は、「高地」「丘」くらいの意味だから全体で「ウイルヘルムの丘」「ウイルヘルム高地」とでも解すればいい。カッセルの西郊にある標高500mほどの山。山頂にヘラクレス城という宮殿がある。

1870年9月1日普仏戦争の天王山ゼダンの戦いで、ナポレオン3世が捕虜になった。プロイセンの完勝だ。ビスマルクとナポレオン3世の会見はゼダン西方の小村ドンシュリ。その後ビスマルクはウイルヘルム1世とナポレオン3世をベルヴューまで馬車で護送する。捕虜とは言え、フランス皇帝だから、そこそこキチンとした待遇だ。ビスマルクはナポレオンの乗る馬車の右側を馬で帯同した。

やがてナポレオン3世が幽閉されたのが先のヘラクレス城だ。フランス皇帝が幽閉されるのがウイルヘルムヘーエとは手厳しい。当時黙ってウイルヘルムといえばプロイセン王ウイルヘルム1世に決まっている。さらにこの地はウエストファリア王時代にナポレオンが使っていた城に他ならない。当時はこの同じ場所がナポレオンスヘーエと呼ばれていた。

ベルサイユ宮殿においてドイツ帝国皇帝即位式を挙行した影に隠れているがこちらもフランス国民をいたく傷つけたに違いない。英仏間の国際特急のロンドン側の起点がワーテルロー駅だったことをフランス国民は長く気にしていたくらいだ。こうしたさりげない仕打ちは、やられた側の心に長く残る。

さてさてフランス皇帝を捕虜にして浮かれる暇もなく頭を抱えたのがビスマルク。普仏戦争はプロイセンの形勢がいいうちに、さっさと講和を考えていたのに、和平交渉の相手が捕虜になってしまったからだ。案の定フランスは即刻共和制に移行してしまったから、とらわれのナポレオン3世を交渉の材料にすることが出来なくなった。

« 低い山 | トップページ | FranzJosephshohe »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィルヘルムスヘーエ:

« 低い山 | トップページ | FranzJosephshohe »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ