ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« あと20年 | トップページ | マルヒフェルトの戦い »

2013年5月 8日 (水)

レヒフェルトの戦い

東フランク王国のオットー大帝が、マジャール人を撃退した戦い。西暦955年の出来事だ。「Lechfeld」と綴る。バイエルン州のアウクスブルクの東、レヒ河畔の平原だ。愛用の道路地図には「Lechfeld」という地名は見あたらない。「Kriegshaber」という地名があるから、もしかすると関連があるかもしれない。

オットー大帝が勝ったというのは、少々のパラドックスを含む。この戦いに勝ったことをもって周囲に力を認めさせたからだ。「大帝」の称号はこの戦いの7年後にローマ法王ヨハネス12世からの戴冠により初代神聖ローマ帝国皇帝に就任してからの話だ。

つまり天下分け目の戦い。ハンガリー平原を根拠とするマジャール人がバイエルンに侵入しては、しばしば略奪を繰り返していた。オットーはゲルマン諸部族を率いてこれを撃退した。この敗北を機にマジャール人がバイエルンに侵入することは無くなったからだ。

彼、オットー大帝は皇帝就任から11年後、973年5月7日に亡くなった。ブラームスは大帝の命日に生まれたことになる。今年は大帝没後1040年の記念イヤーだ。

スペシャルコンサートまであと4日。

« あと20年 | トップページ | マルヒフェルトの戦い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レヒフェルトの戦い:

« あと20年 | トップページ | マルヒフェルトの戦い »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ