ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ラインヘッセン三角地帯 | トップページ | Familienamen »

2013年6月26日 (水)

首都アーヘン

アーヘンは「Aachen」と綴る。ボンのほぼ真西ベルギーとの国境沿いにある。Aachenは、水辺語尾「au」や「川」を意味する「Ache」に関係があるとされている。

カロリング朝カール大帝の首都と位置付けられている。もちろん現代における首都とは意味が違う。当時は皇帝と言えども一箇所にとどまっていなかった。在任中征戦に明け暮れたから、首都の機能はカールの移動と共に移転した。ライン南岸のインゲルハイムもその一つだ。カール大帝がもっとも長く滞在したのがアーヘンだ。

アーヘンがあるのはライン川とマース川に挟まれたあたり。ベルギーやオランダの一部を含むこの地域が、カールを育んだカロリング家の出身地だ。カールがアーヘンに長く滞在し、半ば首都の様相を呈したのは、そこが王朝にとっての父祖の地だからと解すると納得が行く。

さらに決定的なことがある。カールの孫の代で3人の王子が国を分割した時、長男のロタールが押えた中央フランクの領域にこのアーヘンが属しているということだ。大帝カールゆかりの地である、カロリング朝の出自の地を長男が領有するのは自然なことだと思われる。

次男三男による密約ではなく、単に長男が一番おいしい選択をした考える根拠である。

« ラインヘッセン三角地帯 | トップページ | Familienamen »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首都アーヘン:

« ラインヘッセン三角地帯 | トップページ | Familienamen »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ