ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 大例外 | トップページ | インタビューの日取り »

2013年6月14日 (金)

音楽の創造と霊感

書物の名前。随分前に入手したが、味わってからにしようと思い、記事にするのを思いとどまっていた。

出版館ブック・クラブ刊行「大作曲家が語る音楽の創造と霊感」著者はアーサー・M・アーベル、吉田幸弘訳。2003年に「我、汝に為すべきことを教えん」という題名で刊行された書物の復刻版だ。

ウィーン在住の音楽ジャーナリストだった著者が、ブラームス、Rシュトラウス、プッチーニ、フンパーディンク、ブルッフ、グリークという6名の大作曲家に試みたインタビューの記録だ。話の核心が「作曲中のインスピレーションはどこから来るか」という点だ。

作曲当時あるいは後世の愛好家を魅了して止まない彼らの作品。作曲者の脳裏にどう去来するのかが作曲者の口から語られる。全300ページのうち120ページがブラームスのために割かれている。およそ3時間のインタビューの記録が6つの章に分かれて収載されている。インタビューに同席したヨアヒムによる補足が1章加えられる。

私の感想を3行で申せば下記の通りとなる。

  1. 興味深い ヨアヒムが驚嘆するほどの貴重な情報。クララやヨアヒムがどんなに望んでもけして語ることがなかったブラームスの本音だとヨアヒムが保証している。
  2. もどかしい インスピレーションの去来が、宗教的経験を通じて語られる。聖書に加えシェイクスピアなど文学界の巨匠の言葉が頻繁に引用されるので、こちらにその知識が無いと、味わいが半減する。
  3. 後で読もう こちらの予備知識がたまった後に再読することで、楽しみが倍増することは間違いない。

インタビューに同席したヨアヒムの言葉もかなり貴重だ。

« 大例外 | トップページ | インタビューの日取り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の創造と霊感:

« 大例外 | トップページ | インタビューの日取り »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ