ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 末子相続 | トップページ | ザンクトゴア »

2013年6月10日 (月)

英国とワイン

ワイン関係の少々詳しい書物を読んでも「英国ワイン」が特段に話題になることは無いと断言してよい。ビールやウイスキーや紅茶とは違う。ワインの生産という面ではほぼ話題にならぬ英国だが、ワインの消費地としての位置付けは低くない。英国の人々が好んだのはフランス・ボルドー産とドイツ・ライン産だ。どちらも大西洋に注ぐ大河のほとりという共通点がある。

ヴィクトリア女王もワインが好きだった。ラインガウは「ホッホハイム」(Hochheim)のリースリンクを好んだ。どれほど好きだったかということをよく顕した逸話がある。彼女は自らの好むワインの生産地に行幸したのだ。女王自ら足を運ぶという栄誉に浴した産地は、ただ喜ぶだけではなかった。まさにその畑が「Konigin Victriaberg」(ヴィクトリア女王山)と名乗る許可を取り付けた。この畑で産するリースリンクを原料とした極甘口ワインに「Konigin Victriaberg」(申すまでも無く最初のoはウムラウト)とラベリングして売り出した。大したネーミングライツだ。

この話1845年だ。12歳のブラームスがハンブルクでヴィクトリア女王行幸のニュースを聞いたかどうか定かではない。

« 末子相続 | トップページ | ザンクトゴア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英国とワイン:

« 末子相続 | トップページ | ザンクトゴア »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ