ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ビールを読む | トップページ | 世界ビール大百科 »

2013年7月19日 (金)

惜しむらくは

図書館で見つけた「ビールを読む」という本にすっかりはまっている。都市と文化をビールという切り口から見つめなおすという秀逸な趣旨。さして大きくもない街の話題を丹念に掘り下げて行く姿勢が本当にたくましい。

文句をいう筋合いはまったくないし、揚げ足取りでもないのだが、一つだけ残念なことがある。同書の63ページ第4章が「デトモルト」のために捧げられている。この小さな街の歴史やゆかりの人物がビールをからめて活写されているのだが、ブラームスへの言及がない。申すまでも無くデトモルトはブラームスが最初に就職した街。1857年から3年の間時間限定で同地の宮廷に勤務した。

同書がブラームスに言及していたらもっと記事が稼げた。

« ビールを読む | トップページ | 世界ビール大百科 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惜しむらくは:

« ビールを読む | トップページ | 世界ビール大百科 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ