ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« お盆のファンタジー16 | トップページ | 学生歌の中のお酒 »

2013年7月15日 (月)

ビールの牙城

ブラームスの伝記に登場する嗜好飲料は3つある。ビール、シャンパンを含むワインそれからコーヒーだ。

これら嗜好飲料のドイツにおける位置付けについて調べた。現代1998年の一日一人当たりの男女別消費量だ。16歳から64歳を対象とした調査である。男性のランキングを示し、女性の消費量を添えた。

  1. ビール 399.4g 女性86.9g
  2. コーヒー 356.0g 女性360.5g
  3. ミネラルウォーター 245.2g 女性360.5g
  4. ジュース(炭酸飲料含む) 194.3g 女性160.1g
  5. 茶 74.7g 女性76.5g
  6. ワイン 44.1g 女性40.3g
  7. ゼクト 5.5g 女性9.4g
  8. 蒸留酒 5.2g 女性4.4g
  9. 果実酒(ワイン以外) 4.6g 女性4.4g

やはりドイツはビールだと再認識した。400gとは缶ビール1本と少々。どう見ても男の飲み物だ。男女間でこれほど差が大きい飲料は他にない。

無論この値がブラームスの生きた19世紀にただちにあてはまるとは思えない。ミネラルウォーターや炭酸飲料の台頭は20世紀の出来事だ。ワインの相対的地位はもっと高かったと思われる。

« お盆のファンタジー16 | トップページ | 学生歌の中のお酒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビールの牙城:

« お盆のファンタジー16 | トップページ | 学生歌の中のお酒 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ