ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ビアリーガ② | トップページ | もう一つのブンデスリーガ »

2013年8月12日 (月)

ビアリーガ③

1部2部合わせて36チームのサポートに計28社が関与するという多彩さが美しくもうらやましい。3部もやればと長男が横槍を入れてきたので、一気にブンデスリーガ3部も調べた。

  1. ザントハウゼン Hoepfner。個人経営の醸造所。
  2. レーゲンスブルク Hacker-Pschorr。ミュンヘンの名門。
  3. オスナブリュック Herforder。これも家族経営に近い。
  4. ミュンスター Warsteiner
  5. ハイデンハイム Dinkelacker
  6. ケムニッツ Wernesgruner
  7. ヴィースバーデン Licher
  8. ブルクハウゼン なし。
  9. ウンターハヒンク Lowenbrau。レーエヴェンブロイです。
  10. ハレ Kostrizer。ドイツ随一の黒ビールのメーカー。写真下記。
  11. ザールブリュッケン Bitburger
  12. オッフェンバッハ Henninger。フランクフルトの名門。
  13. ハンザロストク Lubzer
  14. エアフルト Wernesgrunner
  15. シュトゥットガルトⅡ 1部シュトゥットガルトの下部組織。
  16. シュトゥットガルトキッカーズ Schwabenbrau
  17. ドルトムントⅡ 1部ドルトムントの下部組織。
  18. ダルムシュタット Pfungstadter。これも家族経営の老舗。
  19. バベルスベルク BerlinerKindl
  20. アーヘン Bitburger

いやはや楽しい。2部では1社の重複もなく期待したが、6番と14番が同じ醸造所。11番と20番も同じだ。

確認の過程が面白い。Wikiの該当クラブのページではスポンサーまで詳しく書いてないから、ドイツ語のクラブ公式ホームページをあたる。クラブによって掲載の場所が違うけれどじきに慣れる。「Suponsoren」か「Partner」というタブをクリックすればいい。

2013080819321000

これは、10番ハレをサポートするケストリッツァー。ビットブルガー傘下になったものの、旧東ドイツで存在感を示す。今やドイツ最高のシュヴァルツビールと目される。

« ビアリーガ② | トップページ | もう一つのブンデスリーガ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビアリーガ③:

« ビアリーガ② | トップページ | もう一つのブンデスリーガ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ