ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ビアラベル | トップページ | 東京2020 »

2013年9月 8日 (日)

ビアグルッペン

ドイツビールの世界も弱肉強食で、吸収合併の話には事欠かない。本日は企業グループの観点からサッカークラブへのサポート状況をまとめる。

<ビットブルガーグループ>

直接サポートがレヴァークーゼン、ボルシアMG、ホッフェンハイム、デュイスブルク、ザールブリュッケン、アーヘンの6クラブ。傘下のケストリツァーがハレをサポートし、LicherがサポートするFSVフランクフルト、ヴィースバーデンの2クラブ、Wernnesgrunがサポートするエルツゲビルゲアウエ、ケムニッツ、エアフルトを加えると総計12クラブをサポートする。

<BHIグループ> ハイネケン社とパウラナー社の合弁だが、事実上ハイネケン。

パウラナーがサポートするバイエルン。クルムバッヒャーのニュルンベルク。ホプフナーがサポートするザントハウゼン。ハッカープショルがサポートする1860ミュンヘンとレーゲンスブルクの2クラブ。合わせて5社なのだが、グアルディオラ率いるバイエルンのスポンサーということもあって注目度はトップクラス。

<フェルティンスグループ>

結局シャルケをサポートするフェルティンスだけなのだが、スタジアムにネーミングライツを張っているのはブンデスリーガ唯一なので気合いは入っている。

<カルルスベルクグループ>デンマークのCarlsberg社

Carlsberg社の直接サポートはヘルタベルリンだけ。子会社のホルステンがハンブルクをサポートするほか、ザンクトパウリのアストラはホルステンのブランドなので実質3クラブ。

<ラーデベルガーグループ>

ラーデベルガー本体は直接のサポートはない。ベルリナーキンドルがサポートするバベルスベルク、ベルリナーピルスがサポートするウニオンベルリン、ブリンコフスがサポートするボルシアドルトムント、ヘニンガーがサポートするオッフェンバック、トゥッヒャーがサポートするフュルト。合計5クラブ。

<ハウスクラーマーグループ>事実上Warsteinerグループです。

本体Warsteinerが直接サポートするのが、デュッセルドルフとミュンスターの2クラブ。パダーボルナーがサポートするパダーボルン、ヘルフォルダーがサポートするオスナブリュックを合わせて4クラブ。

<インベヴグループ>

ビール界最大の巨人は、ベックスがサポートするブレーメン。ディンケラッカーがサポートするハイデンハイム。ハッセレーダーがサポートするハノーファー、シュヴァーベンブラウがサポートするシュトゥットガルトキッカーズ、レーヴェンブロイがサポートする1860ミュンヘン。合計5クラブ。

<カールスベルクグループ>こちらは冒頭が「K」

本体がサポートするカイザースラウテルン1クラブ。

<クロンバッヒャーグループ>

本体支援の4クラブ、フランクフルト、ヴォルフスブルク、シュトゥットガルト、ビーレフェルトだけ。

<エッティンガーグループ>

サッカークラブへのサポートは無し。謎。トップブランドなのに。

<TCBグループ>

フェルトシュロッセンがサポートするディナモドレスデン。

« ビアラベル | トップページ | 東京2020 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビアグルッペン:

« ビアラベル | トップページ | 東京2020 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ