ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 式年遷宮 | トップページ | アインベック »

2013年10月 4日 (金)

ミュンヘン宮醸

1896年1月のライプチヒでミュンヘンビールが浸透していたは既にしておいた。実はそこからさらに11年前にも興味深い記録がある。

森鴎外の「独逸日記」1885年9月30日の記述に「ミュンヘン宮醸を飲む」と書かれている。原文のスペルは「Munchner Hofbrau」となっている。これが有名なミュンヘンホフブロイハウス宮廷醸造所のビールだと解して間違いない。

記述では銘柄は書いていない。「ボック」「ドッペルボック」「ヴァイツェン」「メルツェン」など名物ビールが多いので特定できない。

実は注目点は他にある。この時期鴎外はライプチヒ在住だった。この記述はライプチヒ市内の酒店に友人と出かけた場面だ。つまりミュンヘン特産のビールを飲ませる店がライプチヒにもあったということだ。3大ラガーはピルゼンの一人勝ちだと書いたが、ライプチヒから見て、ピルゼンの倍の距離にあるミュンヘンのビールが普通に飲まれていたという貴重な証拠だ。

« 式年遷宮 | トップページ | アインベック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミュンヘン宮醸:

« 式年遷宮 | トップページ | アインベック »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ