ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドッペルボック | トップページ | アンデックス »

2013年10月15日 (火)

押韻の痕跡

パウラナー社が発売したドッペルボックは「救世主」を表す「Salvator」というネーミングが巧妙だったこともあって人気が出た。競合他社は続々とマネをした。商標権という概念の無かった時代には、みな「Salvator」を名乗った。だから鴎外が「Salvator」と明記しても、これが直ちにパウラナー製だと断言できない。

商標権の概念の浸透とともに、後発各社は「Salvator」という名前を諦め独自のネーミングに走った。

  1. Bambergator Fassla社
  2. Celebrator Ayinger社
  3. Jubilator Maxlpain社
  4. Maximaor Augstiner社
  5. Mobilator Gottmansgruner社
  6. Optimator Sraten社
  7. Triumphator Lowenbrau社

という具合。語尾の「-ator」は人を表す接尾語。これは巧妙だ。「Salvator」の知名度があまりに高いから、それにあやかっている。消費者にとっても語尾に「ator」のある銘柄を見れば、それがドッペルボックだとただちに判るという利点もある。

さてさて「a」を抜いた「tor」は、単独では「門」の意味だが、サッカーの世界では「ゴール」という意味。語幹に響きや意味のよい言葉を捜して語尾にはサッカーという競技の目的というべき「Tor」を従わせるのだから、かなり縁起がいいはずだ。

« ドッペルボック | トップページ | アンデックス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 押韻の痕跡:

« ドッペルボック | トップページ | アンデックス »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ