ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« アインベック | トップページ | ホフブロイ »

2013年10月 6日 (日)

ピルスナーウルクェル

現在の世界のビールの本流のピルスナービールの元祖。「ウルクェル」は「Urquell」と綴られる。「Ur」は原典版を表す「Urtext」の語頭にも見られる。「Quell」は「川の水源」や「資料の引用元」を意味する。「Urquell」はそれらを合成して「元祖」たる位置付けをことさら強調しているようにも見える。

醸造所の名前はピルゼンスキー・ブラズドロイという。チェコ語で「ピルゼンビールの源泉」という意味だ。1842年創立だが、最初の生産が10月5日だったとされ、バイエルンの下面発酵酵母が密かに盗み出されたという噂も付いて回る。同じ酵母を使いながら、ピルゼンが鮮やかな淡色になったのは、ひとえにピルゼンの軟水のせいといわれているが、最近の研究では麦芽の焙煎技術の進歩も一枚噛んでいる。

発酵は蓋のない木桶、熟成は内側にタールを塗布したオーク樽というのが伝統的な製法だが、最近ではステンレスタンクになったらしい。

ドヴォルザークを訪問したプラハで、ブラームスが飲んだビールがピルスナーウルクェルだった可能性もある。

2013091520100000_2

« アインベック | トップページ | ホフブロイ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピルスナーウルクェル:

« アインベック | トップページ | ホフブロイ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ