ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« メルツェンビール | トップページ | 液体のパン »

2013年10月11日 (金)

修道院とビール

修道士たちが身を粉にして働き、敬虔な祈りと厳しい戒律の中で自給自足生活をする場が、修道院だったが、中世以降貧しい人々の救済も大きな役目になってゆく。カトリックの勢力圏においては、いくつかの有力修道院の世俗的な影響力は、一部の貴族よりも強大化した。

放浪者や巡礼者が1日200人以上修道院を訪れて施しを乞うた。それを自給自足でまかなうとなると奇麗事ばかりでもなかったらしい。ワインやビールの消費量は半端なものではなかった。ワインやビールの歴史の中で修道院の話を避けて通れぬというわけだ。

厳しい戒律が建前の修道士だが、中にはビールを飲みすぎる者もいたようだ。飲み過ぎに対するペナルティが遺されている。

  1. 賛美歌を歌うとき舌がもつれる→12日間パンと水のみ
  2. 嘔吐→30日間パンと水のみ
  3. パンを嘔吐→90日間パンと水のみ

パンは聖なる食べ物だから、それだけ重いペナルティになっている。

« メルツェンビール | トップページ | 液体のパン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 修道院とビール:

« メルツェンビール | トップページ | 液体のパン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ