ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ミュンヘン宮醸 | トップページ | ピルスナーウルクェル »

2013年10月 5日 (土)

アインベック

「Einbeck」と綴られるニーダーザクセン州の都市。ハノーファーの南50kmという位置は微妙だ。ベンラート線よりギリギリで北にある。もし南にあったら「Einbach」となっていた可能性が高い。

既に14世紀から上面発酵でビール醸造が始まっていたとされており、ハンザ同盟の諸都市では評判の高いビールだった。当時まだ単なる田舎ビールの産地だったバイエルンにおいてもすこぶる評判がよく、飛ぶように売れた。バイエルン宮廷でも膨大な量が消費された。当地のバイエルン公国はビール代の支払いに悲鳴を上げるありさまだった。対外債務である。

1589年バイエルン公国のウィルヘルム5世は一計を案じ、アインベックから職人を招いて同ビールを領内で醸造することにした。バイエルン領内では下面醸造に転換されて完成したのが、「Bock」と呼ばれる独特のビールで、これがやがて本家アインベックを凌ぐ人気を獲得する。ブラームスの時代はボックといえばバイエルンという世間の認識になっていたハズだ。

「Einbeck」の語頭「Ein」が冠詞とみなされた結果、語幹の「Beck」が独立し、バイエルン風に訛って「Bock」になったという。「Bock」は「雄羊」だから、ラベルに雄羊がデザインされていることが多いという。

2013092220490000_1_2

« ミュンヘン宮醸 | トップページ | ピルスナーウルクェル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アインベック:

« ミュンヘン宮醸 | トップページ | ピルスナーウルクェル »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ