ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 修道院とビール | トップページ | もしかしてウムラウト »

2013年10月12日 (土)

液体のパン

ワインがキリスト教の教えの中では「キリストの血」とされ、キリストの肉体とされた「パン」とともに重要な位置付けにあること周知の通りである。

実はビールにも似た側面がある。ビールは「液体のパン」と認識されていた。酔いと清涼感を得る嗜好飲料ではなく、栄養源という側面が今よりもずっと前面に押し出されていた。修道士たちの修行で断食はもっとも厳しい難行だったが、断食中も液体は摂取できると解釈されて、ビールは断食の枠外に置かれていたらしい。

「パンとワイン」という取り合わせは「ビールとワイン」という取り合わせに容易に読み替えられた。

一方中世におけるビール製造の拠点だった修道院では、パンとビールの製造が同じかまたは隣合わせの部屋で行われていたという。どちらも製造の過程で麦と酵母を扱うということが要因だったと思われる。

« 修道院とビール | トップページ | もしかしてウムラウト »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 液体のパン:

« 修道院とビール | トップページ | もしかしてウムラウト »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ