ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« カタカナ標記にご用心 | トップページ | ブジェヨヴィツェ »

2013年10月19日 (土)

Weihenstephan

「ヴァイヘンシュテファン」と読めばいいと思う。「シュテファン」は人名だ。人名が地名語尾になるケースは非常に珍しい。「Weihen」は「祀る」だから「シュテファンを祀る」の意味だ。ミュンヘンの北東およそ35kmのフライジンクという街の西郊にある小高い丘の名前である。

725年この地区をキリスト教化するために遣わされたコルピニアンという修道士が修道院を建設した。やがて9世紀にはビールの醸造が始まった。院内にホップ農園が併設されていたらしく、ビールへのホップ添加を最初に試みた可能性さえあるという。

この修道院こそがミュンヘン工科大学醸造学部の前身である。ドイツのビール技術者の登竜門とも聖地とも位置付け得る存在だ。ドイツが東西に分かれていた当時、西側に存在した唯一のといっていいビール醸造系の教育機関だったこともあって、志ある若者が数多く門を叩いたが、無事卒業にたどり着くのは半分に満たなかったという。

晴れて卒業するとブラウマイスターの称号が認定される。国家認定の醸造技師である。

2013080318320000 

« カタカナ標記にご用心 | トップページ | ブジェヨヴィツェ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Weihenstephan:

« カタカナ標記にご用心 | トップページ | ブジェヨヴィツェ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ