ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ハットトリック | トップページ | ビールの色合い »

2013年11月 5日 (火)

さあ湖を渡ろう

ドイツ語で「Jetzt fahrn wir uber'n See」と歌いだされる北ボヘミア地方の民謡。丸木舟で湖を渡ろうというお誘いの歌詞だが、意味は良く通じない。語呂とノリが命なのだと思う。楽節の途中でナタでばっさり打ち切るようなゲネラウパウゼがある。大勢で歌っていてこの場所を飛び出した奴にペナルティを課すお遊び歌だとされている。

よくよく調べるとホップ収穫の労働歌だという。声を合わせてリズミカルに歌いながら作業することで能率が上がったり、つらい作業の気休めになるらしく、古来働きながら歌うというコンセプトの歌が広く伝えらてきた。

19世紀を席巻したピルゼンを持ち出すまでも無くボヘミアはビールの大産地。ホップについても当地特産があったのだ。ワイン用のブドウ収穫の作業と並んで過酷な作業であったと伝えられている。

« ハットトリック | トップページ | ビールの色合い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さあ湖を渡ろう:

« ハットトリック | トップページ | ビールの色合い »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ