ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 12という霊数 | トップページ | レーマーピルス »

2013年12月13日 (金)

ビール恋しや

ワーグナーの伝記を読んでいると「パリ時代」と呼ばれる時期がある。1839年9月から約2年半だ。自作を上演したいとの夢を持ってパリに進出したが、なかなか話が進まず、友人に愚痴をこぼしている。

匿名で執筆したあるエッセイで、フランスのよくない点を列挙した後、「それに引き換え」というニュアンスで、ドイツの長所に言及する。「情緒がある」「ジャン・パウルがいる」「哲学やシュトラウスのワルツの話題で盛り上がる」など、ほとんど言いがかりにも見える中に、「バイエルンのビールがある」と言っている。

これがなかなか象徴的だ。フランス生活の中でドイツ恋しいの気持ちがエスカレートし、思い出すのがバイエルンのビールだということだ。バイエルン王ルートヴィヒ2世との交流に加え、聖地バイロイトがバイエルン州にあることから、ワーグナーといえばとかくバイエルンのイメージが強いが、このパリ時代はまだバイエルンとの絆は生じていなかった。それでいてなお「バイエルンのビール」と言っているところがポインドだ。

ビールといえばバイエルンなのだ。

« 12という霊数 | トップページ | レーマーピルス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビール恋しや:

« 12という霊数 | トップページ | レーマーピルス »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ